弁護士への相談の勧め

未分類 0 Comments

弁護士に交通事故の慰謝料について相談することがおすすめな理由は、なんといってもその慰謝料の基準が高いことからいえます。先述した2つの基準である、自賠責保険と任意保険と比べると300万円ほどの違いがあるともいわれています。それでは、なぜこのように金額の開きがあるのでしょうか。

その理由は、弁護士の慰謝料の基準は、第三者から見て客観的な数字になっているのが近いのではないでしょうか。例えば治療費について、自賠責保険の場合は、必要かつ妥当な実費という基準があります。弁護士基準の場合、実費を全額保証になります。妥当な実費となると、最安値の相場を調べて、そこから割り出されるという具合になりますので、実際にかかった金額よりも小さい保証額の可能性があります。それでは、被害者としては納得できるものではないでしょう。

また、ほかの基準の場合は上限額なども定められていますが、弁護士基準の場合は、そういったものもありません。そのため、きちんとした金額が支払われる可能性があるのです。高いという意見もあるかもしれませんが、それよりも、適正な金額として査定されたと考えるほうが自然だといえます。そのため、慰謝料を正当な金額でもらいたいならば、弁護士へ相談すると良いでしょう。