未分類 0 Comments

弁護士に交通事故の慰謝料について相談することがおすすめな理由は、なんといってもその慰謝料の基準が高いことからいえます。先述した2つの基準である、自賠責保険と任意保険と比べると300万円ほどの違いがあるともいわれています。それでは、なぜこのように金額の開きがあるのでしょうか。

その理由は、弁護士の慰謝料の基準は、第三者から見て客観的な数字になっているのが近いのではないでしょうか。例えば治療費について、自賠責保険の場合は、必要かつ妥当な実費という基準があります。弁護士基準の場合、実費を全額保証になります。妥当な実費となると、最安値の相場を調べて、そこから割り出されるという具合になりますので、実際にかかった金額よりも小さい保証額の可能性があります。それでは、被害者としては納得できるものではないでしょう。

また、ほかの基準の場合は上限額なども定められていますが、弁護士基準の場合は、そういったものもありません。そのため、きちんとした金額が支払われる可能性があるのです。高いという意見もあるかもしれませんが、それよりも、適正な金額として査定されたと考えるほうが自然だといえます。そのため、慰謝料を正当な金額でもらいたいならば、弁護士へ相談すると良いでしょう。

未分類 0 Comments

慰謝料は、いったいどのように算出されているのでしょうか。それには、まず3つの基準があるということを知りましょう。

自賠責保険基準というものがあります。これは、最低限の保証をするためのものであり、慰謝料や損害賠償の金額も相場的に低めになっています。あくまでも最低限ですので、もし、後遺症が残ってしまうほどの大きな事故の場合は、自賠責保険だけで賄えることは難しいでしょう。

そのため、任意保険に加入する方がいます。任意保険の基準はどのようになっているのでしょうか。これは、補填として自賠責で補いきれないくらいの金額を保証してもらうためのものです。いわゆる自動車保険と呼ばれるものに当たり、対物保証ができるのもその特徴です。

もう一つが、弁護士の基準になります。いわゆる慰謝料というと、この弁護士の基準を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。弁護士の基準は、過去の判例が用いられます。これは、公表がされており、東京三弁護士会の交通事故処理委員会によって発表されています。請求できるものはすべてが対象になりますので、金額としても他の二つよりもかなり高額なものになりやすいです。

このようにして、慰謝料の計算には3つの基準があります。金額に大きくかかわるので、覚えておくようにしてください。

未分類 0 Comments

自動車 、バイクなどを運転する場合に、法律によって加入が義務づけられている自賠責保険というものがあり、この保険によって加害者は被害者に対して慰謝料を支払います。しかし、ここで問題なのは、この保険は被害者の精神的・肉体的苦痛に対して必要最低限の費用しか支払われないところにあります。また、自賠責保険とは、基本的には対人補償のみです。このため対物保険は任意保険でカバーする必要があります。すなわち、自賠責保険では車の修理代がでないということになります。さらに、自賠責保険は「他人」を負傷させたことによる補償をするものなので、もし自分が怪我をしたとしても自身の加入する自賠責保険では補償を受けられません。

自賠責保険の慰謝料には大きく「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」の2種類があります。さらに、「後遺障害慰謝料」には程度が大きい第1級から第14級まであり、後遺症の重さによって決まります。入通院慰謝料は、1日4200円という上限があります。後遺障害慰謝料は、等級によって支払われる金額が決まり、32〜1100万円支払われます。

その他、自賠責保険で補えるものとして、治療費・看護料・諸雑費・通院交通費・義肢等の費用・診断書等費用・文書料・休業損害があります。

未分類 0 Comments

日本では年間約50万件の事故が起こっています。さらには少子高齢化により高齢者が増え、近頃目立っている高齢者による事故も増えています。最近では自動車の技術が進歩し自動安全ブレーキを備えた自動車が増えつつありますが、まだ多く普及されたとは言えず、依然として安全ではありません。よって、これからもこれまでと同じように交通事故にいつ遭遇してもおかしくないような状況に置かれているわけです。

もし、あなたが交通事故に遭ってしまい被害者になってしまった場合、あなたは加害者から慰謝料を受け取ることができます。この慰謝料とは、違法な行為により将来受けるはずだった利益を失ったなどの損害を受けたものに対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをする損害賠償の中に含まれていおり、交通事故の怪我などによって被った精神的・肉体的な苦痛に対しての損害賠償のことです。対人賠償保険では被害者の方の治療が終了した段階で、ケガの程度、治療内容などをもとに決めることになります。

慰謝料は最低限の保証を目的としたものなので、加害者に対して請求できる怪我や入院などの費用は必要最低限分しか支払われません。よって、交通事故による慰謝料の請求の仕方は非常に重要なことであるのは言うまでもありません。
ここで弁護士が間に仲介し請求することで、慰謝料を増額させることも可能です。当サイトでは、「交通事故被害の慰謝料請求に関しての弁護士への相談」について説明します。