慰謝料の仕組み

未分類 0 Comments

自動車 、バイクなどを運転する場合に、法律によって加入が義務づけられている自賠責保険というものがあり、この保険によって加害者は被害者に対して慰謝料を支払います。しかし、ここで問題なのは、この保険は被害者の精神的・肉体的苦痛に対して必要最低限の費用しか支払われないところにあります。また、自賠責保険とは、基本的には対人補償のみです。このため対物保険は任意保険でカバーする必要があります。すなわち、自賠責保険では車の修理代がでないということになります。さらに、自賠責保険は「他人」を負傷させたことによる補償をするものなので、もし自分が怪我をしたとしても自身の加入する自賠責保険では補償を受けられません。

自賠責保険の慰謝料には大きく「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」の2種類があります。さらに、「後遺障害慰謝料」には程度が大きい第1級から第14級まであり、後遺症の重さによって決まります。入通院慰謝料は、1日4200円という上限があります。後遺障害慰謝料は、等級によって支払われる金額が決まり、32〜1100万円支払われます。

その他、自賠責保険で補えるものとして、治療費・看護料・諸雑費・通院交通費・義肢等の費用・診断書等費用・文書料・休業損害があります。