交通事故の慰謝料

未分類 0 Comments

日本では年間約50万件の事故が起こっています。さらには少子高齢化により高齢者が増え、近頃目立っている高齢者による事故も増えています。最近では自動車の技術が進歩し自動安全ブレーキを備えた自動車が増えつつありますが、まだ多く普及されたとは言えず、依然として安全ではありません。よって、これからもこれまでと同じように交通事故にいつ遭遇してもおかしくないような状況に置かれているわけです。

もし、あなたが交通事故に遭ってしまい被害者になってしまった場合、あなたは加害者から慰謝料を受け取ることができます。この慰謝料とは、違法な行為により将来受けるはずだった利益を失ったなどの損害を受けたものに対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをする損害賠償の中に含まれていおり、交通事故の怪我などによって被った精神的・肉体的な苦痛に対しての損害賠償のことです。対人賠償保険では被害者の方の治療が終了した段階で、ケガの程度、治療内容などをもとに決めることになります。

慰謝料は最低限の保証を目的としたものなので、加害者に対して請求できる怪我や入院などの費用は必要最低限分しか支払われません。よって、交通事故による慰謝料の請求の仕方は非常に重要なことであるのは言うまでもありません。
ここで弁護士が間に仲介し請求することで、慰謝料を増額させることも可能です。当サイトでは、「交通事故被害の慰謝料請求に関しての弁護士への相談」について説明します。