慰謝料の計算

未分類 0 Comments

慰謝料は、いったいどのように算出されているのでしょうか。それには、まず3つの基準があるということを知りましょう。

自賠責保険基準というものがあります。これは、最低限の保証をするためのものであり、慰謝料や損害賠償の金額も相場的に低めになっています。あくまでも最低限ですので、もし、後遺症が残ってしまうほどの大きな事故の場合は、自賠責保険だけで賄えることは難しいでしょう。

そのため、任意保険に加入する方がいます。任意保険の基準はどのようになっているのでしょうか。これは、補填として自賠責で補いきれないくらいの金額を保証してもらうためのものです。いわゆる自動車保険と呼ばれるものに当たり、対物保証ができるのもその特徴です。

もう一つが、弁護士の基準になります。いわゆる慰謝料というと、この弁護士の基準を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。弁護士の基準は、過去の判例が用いられます。これは、公表がされており、東京三弁護士会の交通事故処理委員会によって発表されています。請求できるものはすべてが対象になりますので、金額としても他の二つよりもかなり高額なものになりやすいです。

このようにして、慰謝料の計算には3つの基準があります。金額に大きくかかわるので、覚えておくようにしてください。